クレアチニンを下げるには

クレアチニンを下げる食事

腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の安定を維持したり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧(喫煙や過度の飲酒で上昇します)をコントロールしたり、赤血球を作るはたらきをしたり、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓に関する治療は病院に行って相応の対処も必要ですが、毎日のご飯や生活習慣を改めることの方が大事です。 毎日のご飯についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、それぞれに相応しい食塩の減らし方などを教えます。主要な低たんぱくご飯療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それに必要な紹介や説明もしていきます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明瞭にします。一日における排泄物を検査し計算をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は異なるものです)あたり1kgにつき0.8g程度になります。仮に標準体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は異なるものです)を約60kgとすれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。例えば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。このようなご飯療法については、栄養士の指示で具体的に応用したご飯を作ることも可能です。開業医さんの中にはご飯指導が難しい場合もあるので、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。日々のご飯で得立たんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に流れて分離された末、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓への負担が増えてしまいます。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、全く摂らないわけにはいけないのです。腎臓病を発症した方の行うご飯療法の趣意は、腎臓病の進行ペースを遅く指せる事と、体調を良好に保つことにあります。透析の要らない保存期のうちは、ご飯療法次第で腎不全の進行をスローペースにし、透析を要する時期を極力遅くできます。実際に透析が必要となってからも、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、ご飯療法は必須なのです。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。

クレアチニンを下げるにはまず食事療法

濃縮加工した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。沿ういった理由も含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに高カリウム血症の症状が顕れる畏れがあります。。CKDの治療において薬物治療とご飯療法は重要で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧(喫煙や過度の飲酒で上昇します)において治療をしやすくし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は異なるものです)1kgに対し0.6g、日本人(出身県によって様々な個性があるものです)の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリーが取れないなどで、中々実践に踏み切れない方も多数存在しています。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負荷が及びます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は異なるものです)1kg毎に0.6g/日要し、一日分で現すと30~40g程になります。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘いものには意外に多くのたんぱく質が入っていたりします。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個に近いたんぱく質が入っています。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行ないましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、個々の食品や調理を行う際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。