クレアチニン値は筋肉や運動量と関係している

腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理に繋がります。腎臓の機能が低下するにつれ、今よりも力を入れて食事を制限しないといけません。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限も伴います。個人の見解で判断するのではなく、医師や栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元に作られる老廃物であり、腎臓でろ過されたあと尿と合わせて体外へ排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉量が少なくなれば、クレアチニン量もその分落ちていきます。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの量が高まるため、普段よりクレアチニンの値は減少します。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせることが出来る場合もあります。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に実行できる一番の治療行為です。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く入っているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個程のたんぱく質が内包されています。腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、腎臓病を極力進行させない事と、健康体のキープとされます。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を手掛ける事で腎不全が進行しないようにできますし、透析を始める時期を遅くしていけます。更に言えば、透析開始後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は非常に重要な治療法です。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質は分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担がかかります。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で言えば30~40gに相当します。腎臓病では 糸球体がおかされるために血液の濾過作用がうまくおこなわれず、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に居座りつづけるようになります。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く恐れがあります。ですから適正な食事療法を行い、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値体内に供給し続ける事が求められます。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分に加えて水分の調整も必要になります。この場合 飲み水だけではなく、食品中に含まれる全ての水分が該当します。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみで済みます。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。食事を元にして得たたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に流れて分離された末、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにしましょう。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、その種類や調理するときの形状・水量・所要時間により相違します。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。