腎臓病と診断されてからクレアチニンを下げることは容易ではない

クレアチニン(血液中の正常値は、男性が0.6~1.2mg/dlで、女性が0.4~1.0mg/dlです)は筋肉中に存在している物質から創り出される老廃物で、腎臓に行き分離された後尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニン(血液中の正常値は、男性が0.6~1.2mg/dlで、女性が0.4~1.0mg/dlです)の量は、筋肉や運動量で変わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、合わせてクレアチニン(血液中の正常値は、男性が0.6~1.2mg/dlで、女性が0.4~1.0mg/dlです)の数量も減るわけです。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニン(血液中の正常値は、男性が0.6~1.2mg/dlで、女性が0.4~1.0mg/dlです)量が飛躍するので、普段よりクレアチニン(血液中の正常値は、男性が0.6~1.2mg/dlで、女性が0.4~1.0mg/dlです)の値は減少します。人体に重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える重要性があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分に変換した場合30~40gとなります。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分以外に水分の制限も付随してきます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品中に含まれるすべての水分が該当します。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分病理制限だけになります。水分量の制限については病状や尿量により医師が判断します。脱水になるとかえって腎臓の機能低下に繋がるのできちんと医師の診察の元病理制限を施すようにしましょう。たんぱく質の高い食材、低い食材を知る。細かい計算が難しい場合は、「肉・魚80gに約15~20gのたんぱく質が含まれている」と考える。食品成分表で、各食材のタンパク量を計算しながら、食事記録をとる。主菜以外にはたんぱく質系の食材は使わないようにすると、想定外の食べすきを防ぎやすい。野菜、きのこ、海藻類で食事のボリュームを増す。(カリウム制限がある場合は要注意)良質のたんぱく質(主に動物性たんぱく質)をとるようにする。(全摂取たんぱく質中、動物性たんぱく質60~70%が目安。)でんぷん米、でんぷん麺、低たんぱくご飯、低たんぱくパンなどの低たんぱくの治療用特殊食品を主食に用いる。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎに注意が重要な食品です。甘い味付けの食べ物には思ったよりたくさんのたんぱく質が含まれているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げますと、ホットケーキ1枚当たりには卵1個相当のたんぱく質が含まれているりゆうです。慢性腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので血液の濾過作用が上手におこなわれず、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。重ねて尿とともに除外されるような老廃物まで、体内に加算されていきます。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の原因となったり、ナトリウムの増加で高血圧(高ければ高いほど危険だといわれていますね)を併発する可能性が上がります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を体内へと送り続ける重要があるのです。食事をもとにして得立たんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る重要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、全く摂らないりゆうにはいけません。腎臓病を患った方が行なう食事療法のポイントは、慢性腎臓病の進行を遅らせることと、健康状態の維持になります。人工透析が重要無い保存期の間は、食事療法を手掛ける事で腎不全の急激な症状進行を食い止められ、透析導入を遅らせることができます。更に言えば、人工透析開始後も、できるだけ健康な状態で人工透析を行っていく上で、食事療法は重要不可欠です。腎臓病に悩まされる方にむけて、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。これらを上手に活用するのが長つづきのコツです。腎臓機能が落ち込む程に、より厳正に食事を管理する重要があります。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー病理制限も伴います。食事内容は自己流で判断せずに、管理栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、個々の食品や調理を行なう際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、加えて搾る作業を行なう事で、カリウムは減らしていけます。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の症状進行を極力抑える事が出来るのです。だいぶ効果が出た場合には、慢性腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるようになります。食事療法が難しいと言いますが、これは病理制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って手掛けられる最善の治療方法です。
続きはこちら⇒腎臓病 クレアチニン 下げる