オルニチンでスキンケア!

オルニチンは身体で生成されない成分なので食物等から取り入れなくてはなりません。とはいえご飯を通して必要な量を摂ろうとすると大変な量を食べないといけなくなります。オルチニンサイクルの活性化のために必要とされるオルチニンには個人差がありますが、だいたい1日あたり400mgが基準です。それをしじみ(オルニチン含有食物の代表格)で摂る場合、しじみ1000個以上が必要になるだと言えます。肝臓は70%から80%程度が失われても、約6ヶ月で元の大きさに戻るほど再生力が高く、ある程度のダメージを与えられても機能に問題が起きにくいという特長があります。一方で、肝臓が不調でも本人がナカナカ気付けない場合が多いことから、外部から症状に気づくころには結構病変が進行した状態となっているケースも多くあり、これが肝臓の別名、【沈黙の臓器】の由来ともなっています。シトルリンとアルギニンもオルニチンと並ぶアミノ酸の一種で、人気のサプリメントにもなっています。オルチニンの別名は成長ホルモン誘導体といい、他のアミノ酸とオルチニンが一緒のサプリに配合されることもあります。筋肉や筋力をアップさせたい、筋トレ好きな方にもピッタリです。健康維持・健康増進だけでなく、ダイエット・美容・美肌(スキンケアも大切ですが、生活習慣や食生活も重要です)に良い効果・効能を期待して、サプリメントでオルチニンを飲むという女性も、ますます多くなっています。肝臓ではオルニチンサイクルの他に、TCAサイクルと呼ばれるものもあります。TCAサイクルは肝細胞内のミトコンドリアで働いている代謝回路で、脂質やタンパク質(筋肉を作ったり、体の構成するのになくてはならない栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)です)、炭水化物からATPという物質を創り出します。ATPは筋肉などを動かすエネルギーで、まさに命を支える物資といえます。アンモニアというのは、このTCAサイクルを阻害してしまうのです。オルニチンと聞いてどんな思い浮かべるイメージは人によってちがうだと言えます。ただ、一般的なオルチニン摂取の目的は、身体本来の回復力や代謝力を強化して、体脂肪を燃焼させるということです。お酒の飲みすぎなどで、肝臓の数値の悪い方、肝機能の低下で疲れやすくなっている方、ダイエット進行中の女性には、まさにうってつけの成分ですね。オルニチンは肝臓のはたらきを助けるアミノ酸の1種です。 私立ちの中にあるタンパク質(筋肉を作ったり、体の構成するのになくてはならない栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)です)はアミノ酸によって構成されていますが、オルニチンはアミノ酸でも特殊で互いに結合しない体内の遊離アミノ酸によって出来ています。この遊離アミノ酸というのは血液中にあるアミノ酸です。そして、体中を巡り各器官・臓器の正常なはたらきを助ける効果を持っています。こうして体内に取り込まれたオルチニンは、肝機能を向上させアルコールによる悪影響を予防してくれるのです。オルチニンサイクルが起きる結果、アンモニアは尿素に変えられて、結果、肝臓に負担を掛けず尿として出すことができるでしょう。一方オルチニンが足りなくなって十分にオルチニンサイクルが働かず、アンモニアの量が多くなりオルニチンによる処理が追いつかなかったりすると、アンモニアを処理するために腎臓や肝臓に負担がかかってきます。オルチニンの主な効果は肝機能のサポートなので、お酒を飲んだアトの代謝や有害物質を排除する能力が高まります。結果、二日酔いを予防したり、酔いが回る勢いを抑えてくれる効果も十分に期待できるのです。持ちろんオルチニンを摂取していても、あんまりお酒を飲みすぎると、さらに肝臓の数値を悪化させてしまうことにもなりかねません。オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると、アルコールの分解過程で、有毒なアンモニアの解毒作用も発動するため、アルコール処理には抜群の効果を発揮します。もしこの目的でオルチニンを摂取するなら、持ちろん、先にサプリを飲んでからお酒を飲みましょう。遅くても酔っ払って寝てしまうまでに飲んでしまいましょう。その後は、寝ている間にアルコールの分解作業が、速やかにおこなわれるだと言えます。オルチニンの摂取量については、基準になるのってだいたい1日あたり500mg~1000mg程度となります。持ちろん500mgから1000mgというのは結構の幅ですが、個体差といって、人は身長も違えば体重も異なり、胃腸の機能にも差があります。適正量を知るためには、摂取量を日少しずつずらしながら、自分のちょうどの服用量などを見極めるのがよいだと言えます。参考サイト:オルニチンサプリ ランキング